やきゅつく 1ペナのオーダー組み方3種

やきゅつくの1ペナの組み方。
人それぞれだとは思うが、どうやっても苦手だと言う人向けに少し書いていこう。

1ペナのオーダーの組み方には3種類ある。

①投手偏重型
先発ゲーだということもあってこの組み方をする人は多い。
先発を☆9☆10で固め、SU・抑えは☆1若しくは☆2
あくまで一例だが、先発が☆10×2人と☆9×3人、中継ぎが☆1×4、SU☆1・抑え☆2
これで投手はコストが54、残りの37コストで野手を組むパターン。
☆10が増えれば抑えや野手からコストを引いていく。
低コスト留学野手を数多く用意出来ている場合には良いが、
そうでない場合、貧打に陥り2位3位止まりということもあり得る。

②バランス型
これはどちらかというと投手偏重型に位置する。
先発を☆7で埋め、中継ぎは☆1、SU・抑えに2ずつ割く。
先発は☆8を2人程度入れると
先発☆8×2人と☆7が3人、中継ぎが☆1×4、SU・抑えで☆2×2人。
投手のコストが45となり、野手とほぼ半分ずつコストを分割出来るのでこのように組む場合が多い。
一般課金ユーザー程度でも無理なく組めるのでお勧め。
留学は多いに越したことはないが、最低限、抑え1名・低コスト1名を用意できれば十分。

③野手偏重型
通称「マジキチ打線」
プレミアクラスの野手をズラリと並べ、投手は☆2か☆1しか使わない打ち勝つ野球。
何も考えずとも割りと楽に優勝できるから1ペナはこれにするというプレミア常連もいる程。
高コスト野手を数多く保有している場合はこの打線を組んでみるのも良いだろう。
ただし中途半端に先発を☆3や☆4などで組むと
相手には打たれつつもこちらは大して打たないチームとなってしまうこともあるので要注意。


具体的な組み方がわかるのは②のバランス型なのでこれの組み方を次回書きたいと思う。
☆7か☆8先発さえ揃えばこれになるし、揃えるのはほかに比べれば一番楽だし。
①は一度やってみたものの留学選手が居らず3位どまりだったし、
③は出来なくはないが、通算防御率が下がるのがなんか嫌っていう・・・ねww
[PR]

  by sapouyo | 2010-12-21 03:06 | やきゅつく

<< やきゅつく フォックス鯖1ペナ... やきゅつく冬アプデ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE