爆笑オンエアバトル

最近は若手お笑いブームですね
最近といってもかなり前からでしたが。





この若手お笑いブームのきっかけのひとつといわれたのが「爆笑オンエアバトル」ですね。
もちろんエンタの神様もあるでしょうが、エンタの神様に出てる芸人たちは大抵爆笑オンエアバトルのほうで人気があった芸人ばかりでしたしね。はなわとかテツandトモとか・・・。今はオリエンタルラジオのようにエンタの神様から人気が出るほうが多いですが。
僕が中学のときにオンバトはNHKで始まったのですがこれにハマって、
一足早くお笑いにはまり始めてしまいました。
金曜の夜は夜更かし(中学生の頃ですから)してこれを見るのが楽しみでした。
今の携帯のメアドもこれに関係してるくらいですからw
外見からするとお笑いなんてそんなに興味がなさそうな感じなんですが
実はすごい好きなんですよねww

まぁその爆笑オンエアバトルっていうのは
10組の芸人がネタを披露して、審査員である観客100人がおもしろいとおもったらボールをレールに転がしてバケツの中に入れ、
そのバケツの重さで上位5組のみがオンエアー放送されるという形式です。
「あぁ、今回好きな芸人でてたけどオンエアーはされなかった・・・」
というのもこのオンエアーバトルの特徴ですね。

いまヒットしてる芸人の多くは爆笑オンエアバトルに出てました。
次長課長、アンタッチャブル、スピードワゴン、アンジャッシュ、陣内智則、ドランクドラゴン、ますだおかだ・・・
思えばこれらの芸人が出てた頃が一番おもしろかったです。
そのころといえば個人的にはあばれヌンチャクとかアンジャッシュが好きでした。
あばれヌンチャクの紙芝居風のコントはかなりおもしろかったです。斉藤恭央のほうは今桜塚やっくんとしてエンタの神様に出てますよね。
それとアンジャッシュの練り上げられたコントもおもしろいです。
ボケである児島一哉のほうは僕も好きな麻雀のプロ雀士です。・

ところが今はエンタの神様や笑いの金メダルなんかが高いギャラを出してるせいか、今爆笑オンエアバトルはすっかりブレーク予備軍の若手たちがメインとなってしまってます(´・ω・`)
それでもキャン×キャンとかタカアンドトシとか、十分エンタの神様で実力を発揮できるような芸人もまだまだいますが。

エンタの神様ですが僕としてはそんな好きではありません。
漫才やコントが途中カットされてたり、テロップ出てたり・・・
たとえすべったとしても芸人が思ってるオチで終わらせる番組こそ成長という面で芸人思いの番組だと思いますしね。
それでもやはり見てしまうのはお笑い好きだからですかね・・・w

実は1回オンバトの収録に審査員として見に行ったことがあります。
自分の実家は岡山なんですが、おととしそこで収録があったので審査員に応募。すると見事審査員になることができて見に行きましたw
審査員になるには2~10倍の倍率らしいのですが、よく受かったなぁ。
そのときは6連勝中だった長井秀和やパンクブーブー、ダイアンなんかがいてオンエアされていました。

お笑い興味なかった方もよかったら一度爆笑オンエアバトル見てみてください
4月からは放送日時変わって金曜24時(土曜0時)にNHKでやってますんでw
今週はないので来週からでも。。。
といってる本人も見忘れ多い('A`)
見なきゃいけないね!

近県で収録あるならそのときはまた審査員応募してみようかなぁ
[PR]

  by sapouyo | 2006-03-31 07:09 | 雑記

<< 4/2GvG AD→城へ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE