事故米

有害米2割、正規米に混ぜる 農水省、出荷先特定急ぐ
http://www.asahi.com/national/update/0907/TKY200809070156.html

 工業用に限定された事故米を食用に転用していた米販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が農林水産省に、「事故米を2割ほど、正規米に混ぜて出荷していた」と説明していることがわかった。農水省は、取引先に気付かれずにコストを抑える狙いだったとみて、出荷先の特定を急いでいる。政府が事故米を売却したほかの16社についても、食用に転用していないか8日以降、一斉点検する。

 農水省の調べでは、三笠フーズが正規米との混合を認めているのは、カビ毒のアフラトキシンB1が検出されたり、水でぬれたりした分で、いずれも「うるち米」。有機リン系の農薬成分メタミドホスが検出された中国産の「もち米」800トンについては、「混ぜていない」と説明しているという。

 三笠フーズの社員によると、正規米がタイ産やベトナム産であれば、同じ産地の事故米を精米機にかける前に混ぜることで、取引先に気づかれないよう細工していた。この社員は「企業努力で1円でも安くするためだった。ブレンド米は米業界では常識。味を落とさずに配合割合を考えるのが米屋のテクニックで、その手法を応用した」と話している。

 8割の正規米に2割の事故米を混ぜた米は、焼酎メーカーなどに出荷されたとみられる。三笠フーズからの流通経路は、仲介業者から別の仲介業者や米穀店へとつながり、農水省が確認できた分だけでも、加工メーカーに届くまでに最大5段階にのぼる。この過程で、何も知らない業者が、さらに他の米を混ぜてブレンド米とし、全国各地で販売されたおそれがある。

 三笠フーズ関係者は事故米の食用への転用について、「(同業者は)どこでもやっている」と証言している。このため農水省は、過去に政府の事故米を購入した、ほかの16社についても、事故米をどのように販売したか詳しく調べる。



まじこええ・・・。
最近こういう食品関連のニュースがほんと多い。産地偽装からなにから。
この事故米に含まれてるアフラトキシンB1は最強の発がん性物質らしく、その毒性はダイオキシンの10倍以上の毒性らしい。遺伝子破壊するとか。。。ある意味テロだよ。
日本人ならほぼ毎日食べてるような米にこんなもん仕込まれてるとかたまったもんじゃない。
食べ物食べるのがほんと怖くなってくるわw

まぁ今日は中国製のちゃんぽんをうめぇうめぇwwwと言いながら食いましたが^o^
メタミドホス?なにそれ?おいしいです^o^
[PR]

  by sapouyo | 2008-09-09 02:11 | 雑記

<< 鍵のち扉 新・暗黒竜と光の剣 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE